「できたらいいな」が趣味になる

Oval(オーバル)

[UVレジン基本テクニック]フレーム(底なし)を使ったレジンアクセサリー

 
  2018/02/02
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

1.パーツ(底なし)を用意します。

howto-1パーツを用意します。(※今回は底なしタイプを用意しました。)
パーツが固定されるシリコンシートを使用するとパーツがずれることがなく便利です。

シリコンシート

2.フレームにレジンを流し込みます。

howto-2フレームにハードタイプのレジンを流し込みます。

パジコ/PADICOUVレジン太陽の雫 ハードタイプ25g

3.レジンにラメを少しずつ混ぜます。


レジンに少しずつラメを入れます。今回はフレームの中で直接ラメレジンを作りましたが、ジェルネイル用のコンテナなど遮光性のある容器でラメレジンを作って流し込む方法でも構いません。

グリッター・ラメ

4.ラメを好みの量に調整します。


初めはラメを少なめに、そこから少しずつラメを足して好みの量に調整するのがポイントです。
※ラメの量が多すぎると紫外線が通らなくなりかたまらないこともあるのでご注意ください。

5.UVライトで2分硬化します。


今回は薄いフレームを使ったので約2分で硬化しましたが、厚みのあるフレームを使用する場合は少し長めに照射しましょう。

UVライト 36ワット

6.出来てしまったバリを取ります。


フレームにかかった、レジンがはみ出した部分(バリ)を除去します。


フレームをキズつけないように、バリの部分をカッターでカットします。はみ出した部分(バリ)は、はさみで切ったりカッターを使用すると力を入れなくても簡単に取り除けます。


カットをするとポロリと簡単に取り除けます。

7.パーツの完成。



バリをキレイに除去できたらパーツの完成です。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Oval(オーバル) , 2015 All Rights Reserved.