「できたらいいな」が趣味になる

Oval(オーバル)

[UVレジン基本テクニック]シリコンモールド(型)を使ったレジンアクセサリー

 
  2018/02/02
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

1.好きな型のシリコン型(モールド)を用意します。

howto-1
今回はシリコン型(モールド)スクエアキューブでパーツを作ります。UVレジンで使用する場合はシリコンは紫外線を通す透明タイプを用意します。

> シリコン型 ソフトモールド キューブ

2.シリコン型(モールド)にUVレジン液を流し込みます。

howto-3
シリコン型(モールド)にUVレジンを流し込みます。
後で金属パーツを入れるのでシリコン型(モールド)にレジンをいっぱいまで流し込まず、八分目くらいまで流し込みます。また、スクエアキューブのように角があるシリコンは隅に気泡がたまっている可能性が高いので、後で気泡をきちんと取り除くか気泡が入らないようにレジンノズルをシリコンの隅に押しつけるようして流し込みます。

> パジコ/PADICO UVレジン太陽の雫 ハードタイプ25g

3.金属パーツをレジンでコーティングします。

howto-4
ジェルブラシをつかってパーツにレジンをコーディングます。コーティングすることにでパーツの隅で出来やすい気泡が入るのを防ぎます。
howto-5
今回はトライアングル型のパーツを封入するので、特に気泡がたまりやすいパーツの角をしっかりとコーティングしました。

4.気泡が入らないようにゆっくりと金属パーツを封入します。

> 真鍮 チャーム

howto-6レジンにゆっくりと沈めます。UVレジンは紫外線で照射するまでかたまりません。太陽光やUVライト照射するまではパーツは自在に動かすことができますが、動かしすぎると気泡が入る原因となるのでできるだけ素早く配置しましょう。
また、気泡が入ってしまった場合はここで気泡を抜きます。気泡はつまようじやウッドスティックを使って潰します。また、エンボスヒーターをあてることで気泡を抜くことができます。

> ウッドスティック
> エンボスヒーター

5.UVライトで2分硬化します。

howto-8
シリコン型の厚みによってはUVライトで長く照射する必要があります。厚みがあるモチーフの場合は「レジンを少しずつ流し込む」→「ライトで硬化させる」を繰り返す方法がおすすめです。

> UVライト

6.シリコン型から取り外します。 ※必ずレジンが冷めてから取り外しましょう!

howto-9
シリコンモールドは柔らかいので下から押し上げると簡単に型から取り外しができます。UVライトで照射するとレジンの硬化熱で熱くなります。シリコンモールドから取り外す際、レジンは必ず冷ましてから取り外しましょう。熱いままシリコンを外すと変形する場合があります。バリがでた場合はニッパーを使ってカットします。

7.パーツの完成。

howto-7
クリア感のあるオリジナルパーツの完成です。シリコン型を使用すると同じ形・サイズを何個も作ることができます。

howto-10
パーツからアクセサリーに仕上げる場合は、ピンバイス(レジンモチーフなどに穴をあけるドリル)を使って穴をあけ、ヒートン(ねじ)を入れネックレスやピアスのパーツに仕上げます。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Oval(オーバル) , 2015 All Rights Reserved.